セブ島での留学を考える

留学先でホームステイする際の注意点

留学先でホームステイする際の注意点 海外留学の際の滞在先をホームステイにする人は少なくありません。
特に初めて行く国であれば、ホストファミリーから現地の情報を教えてもらい、少しずつ慣れてからアパートなどを探すのはとても良い方法です。
しかし、ホームステイはホテルのようにお客様待遇ではありません。
受け入れてくれるホストファミリーによってもルールは様々ですが、多くの場合はファミリーの家族の一員として接することが多く、 自分のことは自分ですることが一般的です。
また分からないことや納得できないことはきちんとファミリーに話すことがとても大切です。
ホストファミリーとのトラブルの多くは、コミュニケーションが不十分なことからくる、お互いの理解不足によるものです。
最初はなかなか言葉も不自由することが多いですが、きちんと理解するまで確認し、密にコミュニケーションをとるようにしましょう。
ホストファミリーと良い関係が築ければ、留学する上で楽しい思い出の1つとなることでしょう。

留学の時に持っていくプレゼント

留学をするとホストファミリーや現地で知り合った友人などのお世話になります。
彼らに感謝の気持ちを伝える時は、言葉だけでなくプレゼントを事前に用意しておくと良い関係を築きやすいです。
喜ばれる定番のプレゼントは、日本でしか売られていないお菓子です。
多くの人がお菓子を好みますが、現地では食べられない商品を選ぶことでプレミア感が出ます。
ホストファミリーによってはベジタリアンである場合も考えられるので、食品よりお菓子のような嗜好品の方が安全です。
抹茶は世界的に日本を象徴するお菓子で、和菓子のような繊細なものを選ぶと良いです。
また日本語がプリントされているTシャツも人気です。
日本に旅行や留学している外国人が、よく着ているTシャツですが、実際どのような意味の漢字なのか知らない人もいます。
日本人が選ぶことで、意味不明な言葉になるのを防ぎます。
良い意味で字面もかっこいい漢字にすれば、日本土産として立派に見えます。